金貨投資の魅力

金の価値を理解して金投資を始めようという方は、ほとんどの場合、金地金か地金型金貨のどちらかを選択することになるでしょう。金地金は、金塊やバー、延べ棒などさまざま呼び方があり、国内では1㎏~5㎏をメインとして取引されています。資金に余裕がある方は、100万円単位という金地金を保有することができるでしょうが、300gなど少量で購入しようとすると、バーチャージという売買手数料が別途発生することになります。数千円~数万円を手数料として支払う必要があるため、少額投資には不向きであると言えるでしょう。そんな方におすすめのが、バーチャージがかからない地金型金貨の投資です。

ゴールドコインデザイン性にも優れた金貨は、世界で数ヵ国の政府公認の造幣局が発行する安全、安心なものであり、3g程度の金貨を1枚から購入することができるのも魅力となっています。また、収集型金貨のように絵柄やデザイン、発行国別にコレクションする楽しみも持てます。金貨は、金地金のように溶解しても変わらない金本来の重量に対する価値だけでなく、デザイン性や加工技術、発行手数料や輸送費などのプレミアムが付加されているため、購入時には、割高に感じられるかもしれませんが、プレミアムが付加されたまま売却できるので、投資家に無駄となる負担がありません。