今後も価値上昇が期待できる金貨

世界的に安全資産として認知されている金貨は、市場の動向によって価格が変動するのは株式と同じです。しかし、手元にある金の現物の価値がゼロになるということは考えにくく、特に有事の際には、その価格が驚くほど跳ね上がることが多いものです。世情不安となり、金の価格が上昇している際に、購入するとそのあと、世情安定が見られた際に大きく下落することはあります。株式で高値掴みするのと同様となるため、一時的には損をしたような気持ちになるでしょう。しかし、金は貨幣や紙幣と違い、限りある資源のひとつでもあります。貴金属としての価値だけでなく、精密機器などにもなくてはならないものであり、将来的に金の産出が滞ることを考えると金の価値が下落し続けるということは考えられないでしょう。

多額投資によって、大きな負債を抱え込んでしまう株式投資や不動産投資とは違って、少額から始めることができる初心者にも優しい投資方法のひとつが金貨投資と言えるでしょう。市場の需要と供給のバランスを眺めながら、一度にまとめて購入するのではなく、リスクを分散しながら少しずつ買い集めていく、値が上がったところで一旦売却して、時期をみて改めて購入し直すなど、さまざまな投資方法を楽しむことができるものと言えるでしょう。